So-net無料ブログ作成
検索選択
本、雑誌 ブログトップ
前の7件 | -

本の紹介です [本、雑誌]




猫が好きな人も嫌いな人も、一緒になって対策を考えましょう。
日本全国どこにでもある対立はこうして解決できます。
今や環境問題にもなっている、飼い主のいない猫の糞尿問題、餌の不必要なバラマキ、体毛によるアレルギーの問題等多くは猫が悪いのではなく、もともとは人間の側に問題点はあります。

自分は無関心で関係ないという方もなるほど、という事でボランティアのやっていることがわかります。また嫌いな方には同じ命として、うまく共存できる方法も見えてきます。
やり方次第では、本当に猫の人も一緒の土地、空気を共有できるという事を知ってほしいです。
また好きな方にも正しい餌のやり方、お掃除、お世話の仕方が分かります。

皆がもめることなく気持ちの良い社会を目指して、この地域猫の活動を理解してください。
私たちボランティアはそのお手伝いをさせていただきます。
行政と、一般の皆さんとボランティア、3者が一緒に問題を解決する、大変良くできた仕組みです。

1、猫に関するトラブルが減ります。
2、不妊化手術により望まない仔猫が生まれないためその場所でのこれ以上増える猫が減ります。
3、えさの残り、糞尿が無くなります。
4、いがみ合っていた人間関係も歩み寄って和解できます。

また地域猫は、TNR (trap捕獲, neuter避妊・去勢手術, return元の場所に戻す)と言ういい方も有ります。全国でもこの活動は認められて国の環境省からも奨励、行政のバックアップの元どんどん進められています。

皆様のご理解をぜひお願いたします。
またこの本を雑学知識として読んでなるほどと思ってもいいかもしれません。
もしご近所でもめていたり、知らない方がいたら、こういうのがあるよと教えてあげてもいいですね。特に自治会の会長さん、区長さん、に働きかけてみましょう。地元がより住みやすくなります。かかわっていなかった猫たちにも愛着がわくかもしれません。
地域猫の一代限りの一生をどうぞ暖かく見守ってくださいm(__)m



nice!(14) 

赤ちゃんネコのすくいかた [本、雑誌]








私がこの世界に入るきっかけを作ってくれた方、児玉小枝さんの最新の本です。

この本は一匹の仔猫を保護して里親募集に持って行くまでのプロセスや、やり方、の他、熊本市の動物愛護センターの事、そして地域猫や保護団体の事等など、まさしく毎日私たちが行っている事を一冊の本にまとめてある、と言った内容になっています。
読んでいて、そうそうそうなのよね、こうだったわ~こういう事も有ったわ~~とうなづけることばかり、そしてどこでもこういう風にボランティアさんたちは頑張っているんだなぁと感じました。もちろん仔猫の育て方なども分かりやすく書いてあります。

涙したり、微笑んだり、感動したり、勉強にもなります。
保護活動をしている方はこの本をぜひ手元においてください。
それほど素晴らしいです。
児玉小枝さん今回も目からウロコありがとうございました。m(__)m


生まれたての子.png

生まれたての子2.jpeg

今年の夏、一般の方が保護した生まれたての仔猫です。
病院の方で指導してもらって大きくなるまで育てて無事里親さんに譲渡しました。
こちらにも里親募集の依頼をされたのですが、育てている間に見つかったという事で本当に良かったです。頭が下がります。2時間おきのミルクやり、排せつの世話、温度管理、母猫や大人猫の変わりにいろいろ気を配て譲渡まで持って行ったという事で凄いです。
私達ボランティアでさえなかなかそこまでやれる者がいないというのに(*^-^*)

側溝に落ちていた。木の下にいた。リンゴ箱の中にいた。と仔猫は母猫が移動中に落としていったりして危険がいっぱいです。たまたま見つけた人が親切だったり、猫好きさんだったり、経験がある方だとこうして救われます。
茶トラのチョンちゃん、ラッキーな子でした。
大きくなって、沢山長生きして、楽しい猫生活を送ってほしいと思います。



nice!(2) 

猫が特集の雑誌 [本、雑誌]

いよいよ本格的に寒くなってきました。
皆様、風邪などひかれていませんか?のどが痛いとか、ちょっと寒気がするとか、そういう時は早く寝るのが一番ですが、今の社会なかなかそうもいかないですよね。
でも、やっぱり暖かくして、ビタミンCをとって、寝てしまうのが良いということです。
風がひどくなると、後々大変ですよ、去年メンバーの一人がほぼ半年間体調を崩しっぱなしでした。
年賀状にも、風にはくれぐれも気を付けてと書いてありました。
本当に気を付けたいものです。(^_^;)

さて、そんな時もお家の中で雑誌でも読んでいろいろ雑学を取り入れたり、頭の中にイメージを作ったり、と、
過ごすのもいいかもしれないですね。



昨日偶然見つけた猫特集・・・・・結構かわいい子達がいっぱいです。おまけにシールつきです。

それから、リンネル



これは猫柄のポーチが優れモノでした。
シンプルでセンスがいいなというにはあまりにも機能的、クッション性もあり、ipadも入りました。\(^▽^)/
いっしょについている、お揃いのティッシュケースにはiphoneも入りました。
雑誌と、雑貨が同時に買えてこの値段、お得ですよね。
年に1~2回くらいしか買いませんがお正月くらい、冬の間くらい、雑誌をゆっくり読むのも良いかな?と購入しました。ずっと長く使えそうなので付録と言えども侮れないですよ。(*^-^*)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ジャック.jpg

こちら肉球クラブではワンちゃんの一時預かりもして、里親も募集しています。
16日の市の保健所の譲渡会に出ますので、ジャック君に会いに来てくださいね。
詳細は、本家のブログにて書いてあります。m(_ _)m


nice!(1) 

ねこは不思議ないきものです(*^-^*) (=´∇`=) [本、雑誌]

アニマルコミュニケータって知ってますか?
動物とお話ができる、または心を通わせて気持ちがわかる人の事です。
霊感とか直感とか、誰でもあるとは思いますが、こういう特殊な能力って、もしかしたら生まれつき持ってるものなのでしょうか?だとしたらうらやましい反面怖い気もしますよね。
動物の事が何でも分かってしまうって・・・・・・私も時々死んだミルの事をふと気配で感じたり、しますが、何を言いたいのかはわからないですし、ましてや飼い猫のいうことは、半分は想像ですo(*^▽^*)o~♪あはっ 
ごめんよ、レオ君ということで何とも頼りないですが、実際こういう方がとかくにいたら私たちの活動、やってることの良きアドバイザーになってもらえるかもと期待しちゃいます。

さて、では具体的にどんなことをするのか・・・・・・・
この漫画を読めば一目瞭然です。











とにかく感動します。泣けます。納得できます。
奈知未佐子さんは以前にもご紹介しましたが、本当に心に訴えかけてくるお話を漫画にまとめています。
まんが日本昔話のようなおとぎ話から外国ファンタジー的なお話、そしてこういう動物ものを得意とする作家さんで、前からファンなのですが、今回、ねこぱんちプレミアムに掲載してあった。3篇に感動したのでご紹介します。



いっぱい泣いてください。しんみり、猫達の声が聞こえてくるかもしれませんよ(=´∇`=)


可愛いレオ君.jpg

家のレオニ・レオ、レオ君の最新で~~~す。
抱っこもOkになっていっぱい抱っこしてますが、時間的には30秒~位かな(^m^ )クスッ
まぁ嫌がってないので良いかぁ~
最近のお気に入りは日向ぼっこ、涼しくなって暖かいのがうれしいのかも・・・・・
ほとんどベランダで過ごしてます。

nice!(7) 

100のしっぽ・・・・・・・奈知未佐子さん [本、雑誌]

私の大好きな作家さん奈知未佐子さんの新着をご紹介します。



何も言わずとにかく読んで下さい。d(^0^)b グッ!


奈知未佐子さんのページ
奈知未佐子さんの作品は動物好きさんはもちろんの事、そうでない人にも、老若男女問わずお勧めです。
漫画だからこそわかる表情とか情景、心の原風景さえ感じられます。
読書の秋ぜひぜひお勧めなので一冊読んでみてください。嵌りますよ(*^-^) v


PA112188.JPG

先日イオンの幸せの黄色いレシートキャンペーンの贈呈式に行ってきました。
8団体がボランティアセンターによって推薦を受けまして、4月から半年間エントリーしました。
そして結果ですが「こちら肉球クラブ」はダントツのトップという事でイオンさんの商品カードを17200円分いただきました。餌・砂・ペットシートなど購入してすべて分配したいと思っています。
イオンさん・お買いものされてレシートを投函してくださった市民の皆様本当にありがとうございました。


さて、今日は台風で他県では大変なお琴になっているようですが、これも異常気象のせいでしょうか?
怖いですね。お気をつけてください。

先日10月7日の撮っておいた写真です。この日とても暑かったのを覚えています。何で?と思いながら撮った我が家の庭です。

PA072180.JPG

PA072181.JPG

PA072183.JPG

PA072184.JPG

PA072182.JPG

PA072185.JPG

PA072186.JPG
空が秋らしくとてもきれいでした。
nice!(3) 

グッドドッグ・ステイ [本、雑誌]





icon
icon


いままでいろんな本を紹介してきましたが、この本はちょっと意味が違って特別です。
ミルがまだ生きている頃に買ってぱらぱらと読んで写真が沢山あるのでそれだけ見てもよかったのですが、
作者のアナ・クィンドレンさんの飼っていた愛犬ボーの最後がミルと重なって初めてその意味が理解できました。ミルも病院に行くのを本当に嫌がっていました。待合室では震えっぱなし、他の飼い主さんたちに励まされて、頭を撫でられて、それでも震えて、痛いこと何もしなくてもお医者さんにも笑われても診察台の上に乗せられてもずーっと震えていました。
車に乗せるときもあそこへ行くのだなとわかると途端に落ち着かなくなって、息が荒くなったものです。
一週間に2回通った最後の2年ほどはつらかったのだと思います。
だからこそ、4月に癌の宣告を受けたときはもう二度とここへは連れてこないと決めました。
お薬もなくただひたすら好きな食べ物とサプリメントのみで過ごしました。
安楽死の考えもふと頭をよぎったものです。
ミルが元気な時はその言葉は他人ごとでした。でも最後苦しんだら、病院へ連れて行こうと心のどこかで思ったりもしたものです。
でもミルは最後いつものように静かに眠りました。小さかった時の面影をほんの少し見せて、小さく小さくその体は次第に固くなって冷たくなっていきました。
最後の決断をして病院へ連れて行かなくて良かった。そう思ってほっとした物です。
アナ・クィンドレンさんの短いエッセイですがその時の切ない何とも言えない気持ちがよみがえってきて心から納得できました。

今その同じ決断を迫られたメンバーがいます。
苦渋の決断を先日聞きました。つらいつらい決断だったと思います。
犬にとって立てない、自分で餌も水も飲めない、意味もなく吠える。飼い主の事が分からない、ここまで来ると
どうしようもない状態なのだと思います。
一生懸命世話をしても、これが長引けば犬も苦しいだけです。
決して良くはならない、という事で「病院で死なせていい?」と電話で言ってきました。
私は「それでいいんじゃぁないの、よくやったよね」としか言えませんでした。
来月実行する予定で段取りを付けましたが、その前に自然に行ってしまうかもしれません。
皆どこでもペットの最後をどうするかきっとその時にそれぞれの思いで決断するのだろうと思います。
ボーという一匹の犬が教えてくれた一つの決断そこから沢山の事が見えてくるようでした。
グッドドッグ・ステイ・・・・・読んでみてください。
nice!(5) 

犬はあなたをこう見ている・・・・という本のご紹介ですUo・ェ・oU [本、雑誌]



新聞にちょっと興味を引く本の紹介の記事がありました。
私はミルを家族としていっしょに暮していた間に犬というものをいろいろ学びました。初めてのことばかりだったので単純に理解したのかもしれませんが主人は何匹も飼っていたことがあるという事で何だか昔のやり方考え方を言っていました。まぁ面倒を見ていたのは私なので一切無視していましたが(^m^ )クスッ
どうも犬はリーダーの命令を待っていて、服従するのが好きな生き物でそのことが犬にとって幸せなのだという考えにどうも納得できないでいました。
家のミルは特に命令しなくてもしつけしなくてもこちらの意図を読み取ってやってはいけないことを分かっていたように思います。特別利口だったという事ではなく家族としての家の中での自分の存在を理解していたように思います。無駄吠えもなく、噛みつくこともなく、拾い食いもなく、散歩もしっかり左側か右側を歩き、困らせることも子犬時代以外はありませんでした。ただただひたすら家族として扱いました。
この本によるとそれが良かったのではないかという事がわかりました。
犬は身近な動物だが詳細が分かってきたのはここ10年ほどだそうです。
知らずに接していたことがまぁまちがってはいなかったようなので安心しました。
なかなか高い本なので購入するかどうか悩むところですが(^_^;)
犬の気持ちを理解するうえで役に立つようなので興味のある方にはお勧めします。

じつは、ブログで知り合ったぐーたちゃんがいます。
里親募集をしていた別のブログで子犬時代に見つけて一目ぼれ何てかわいいの~って思っていたら、飼い主さんが決まって万歳!\(^▽^)/そしてブログを始めるという事でまたまた万歳!
つながることができました。
いろいろといただきものをして、寄付していただいたりミルにも馬肉等送ってもらったので、ちょこっとお礼に
ぐーたちゃんのそっくり人形ストラップを作って送りました。
喜んでいただけたようで良かったです。

ぐーたちゃん.jpg

ぐーたちゃん6.jpg

ぐーたちゃん2.jpg

「俺様ぐーたに付いて来い」
ぐーたちゃんのブログです。
nice!(13) 
前の7件 | - 本、雑誌 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。